医師が開業する場合、いくつかの支出が必要となります。住宅とクリニックを兼ねるのか、それともテナントに入居するのかでも費用は大きく変わりますし、人件費の問題、医療機器の費用、宣伝広告費など様々な費用が発生することになります。医師の開業はこうした面で多くの壁があり、それを乗り越えることが必要です。医師の開業で主に必要な費用はその中でも、土地と建物、医療機器、そして運転資金です。こうした費用がわからないことには、自己資金をいくら用意すればいいのか、融資で最大限借りられるのはどれくらいの額なのかということもわからず、計画は立てられません。削るとしたらどこで、削れないのはどこかということを含めて、必要な費用を知ることは必須であると言えます。

科目によって費用も大きく変わる理由

クリニックといっても、内科や整形外科、皮膚科、小児科、精神科と多くの科目が存在しますが、科目によっては、医師の開業費用が安く抑えられるものも存在します。それを左右するのが医療機器です。精神科のように、高額な医療機器を必要としないものもあれば、内科や眼科のように最新鋭の医療機器を用意した方がいい場合もあります。そのため、医療機器の違いによって、必要とする経費が大きく変わることがあり、ケースによって用意すべきお金もかなり変わることになります。土地などに関しても、内科に関しては多少の坪数を必要とするのに対し、皮膚科や精神科などはテナントビルの一室であったとしても十分に採算がとれます。医師として開業をする場合、どの科目でクリニックを開設するのかということも大事です。

絶対に欠かせない運転資金の存在

最初のうちは、収入源となるのは窓口で支払われる患者の自己負担分の医療費、そして、自由診療の費用です。それ以外の費用は2か月後にならないと保険診療の収入が入ってこないため、その期間の収入不足を補うために運転資金が必要となります。運転資金として最低でも数百万円、場合によっては1000万円程度が必要と言われています。土地や建物などで数千万円、医療機器で場合によっては数千万円かかり、運転資金を合わせれば1億円ほど必要なケースもある一方、科目によっては2000万円から3000万円程度で済み、自己資金も数百万円程度で済む場合もあります。どこで営業をするのか、需要はどれくらいあるのかということを十分に考えた上で、場所の選定などをしていくことがかなり重要です。

こんなことができたらいいなまでお悩みを解決いたします。 開業に役立つ5つの特典が受けられる「ドクターサポート」Webサイトは会員登録無料! 開業まででなく、開業後のサポート体制も整えておりますので、安心してお任せください。 医療の気になるキーワードから開業をお探しすることも! 経営可視化サービスの一環として、患者プロット調査も行っています。 クリニックの物件情報をご紹介することができます。 医院の開業を支援|ドクターサポート